あなたは、負け戦(選挙)のために300万円だせますか?

東京都知事選に立候補するための条件
  ・供託金300万円は必要
  ・日本国籍
  ・満30歳以上であること
加えて、有効投票数の10分の1(10%)の得票率を記録しなければ300万円は戻ってこない。

某局の朝のワイドショーで
「今回の都知事選は、レベルが非常に低い」
と言い放ったコメンテーターの一言で思い浮かんだ顔あった。

何を持って、レベルをはかるのだろう?

学歴や経歴・〇〇党推薦など、肩書重視の候補者が多い。
しかし、そうではない一匹狼候補者は必ずいる。

スーパークレージー君 西本誠

都知事選、ヤフーニュースのタイトルが気になり彼を知った。
本人がスーパークレージー君というだけあって、まさに異色。
政見放送では、金髪・特攻服の出で立ちである。
しかし、風貌とは打って変わって緊張の表情が可愛かった。

33歳の彼にとって初めての場に緊張は隠せないのね!
と思いながら たどたどしい言葉に目が離せなくなった。
6分ほどの持ち時間を使って一生懸命さが伝わってきた。
悪タレついてた息子が、人生やり直そうとしている姿を見守る母親の気持ちみたいな・・・。

『この子、すごい!』

彼の中のピュアな面を読み取ってしまったような気がした。

西本誠(政治団体「スーパークレイジー君」代表)の政見放送に心打たれたが、出馬会見はもっとよかった。
新型コロナ時代,国民の多くの人が思っている不満の感情を彼が素直に言葉にしてくれているようだ。

彼の上部だけを見たら即座に毛嫌いする人もいると思うし、
実際、出馬会見でも学歴や職歴を問う質問が非常に多かった。
その殆どが彼の外側の部分だけで興味本位で質問を投げかけたかのようにも思えた。
(ぜひ、彼の演説を聞いてもらいたい。文末に有)

誰もがもっているピュアな部分

私は、聞いていて涙が出るほどだった。

” スーパークレージー君 “で検索すると思ったより情報は多かった。

彼の父親がヤ○ザ・母親は家を出ていき、祖母に育ててもらったらしい。
見た目よりずっとずっと苦労人なんだと思った。

選挙に勝つために出るわけではない。
ましてや、小池百合子氏や〇〇推薦候補者と戦いたいわけではない。
政見放送や出馬放送を聞いてもらうと分かる通り、都知事を目指しているのではないのだ。

特攻服もそのためで
「こんなヤツでも選挙でれるの?」
と思って、特に若者層に政治に興味を持ってもらいという。

◆ 2020年東京都都知事選 政見放送より抜粋

僕も本当口が上手いわけではないので、ちょっとこれは緊張するんですけれども。
一つだけ言えるのは、やっぱり400万人か600万人ほどの投票しない東京都民、いるかと思いますが、やっぱり今って、その選挙って、目の前でもありますし投票所が。
べつにこれが富士山の上とか、エベレストの上にあるならば、投票率は少ないというのはわかるんですけれども、僕は今、目の前の距離歩いて行ける距離はいっぱいあると思うので、あの、やっぱり興味を持つ、楽しいって、別に誰でもいいと思うんですよね。
清き一票、汚れた一票とかよく冗談で聞きますが、そういうふうにみんなが若者が、選挙に興味を持って、投票しようとか、こいつだめだ、だからこっちを応援しようよとかいう、そういうのがどんどんいけば、日本は変わっていくんじゃないのかなって思ってます。

 http://www.instyle-co.jp/archives/2370


警察のお世話にもなったことがある。
人生の裏街道を歩いてきた時間のほうが長いのだろう。

彼は強い人だと思った。
反面、彼の弱さも感じてしまった。
誰もが持っている二面性。
でも、多くの人は弱い一面をなかったことにする。隠そうとする。
弱さを隠すことで強い自分を他人に表現したいから。

ある意味、政治家は表の顔しか見せない。
表の顔と国民受けする公約。
それがまかり通って、国民の政治離れはますます加速する。
でも、不満すら言わない。
これじゃあ、ダメなのに・・・。
その代弁者が西本誠だ。

素の自分が、一番正直な自分。
正直な自分が、一番彼らしく人間らしい自分。

彼のような生き方を嫌っている割には、彼の生き方に憧れを持っている人はいるはずだ。
他人の素の部分を受け入れないことで、自分の本心をごまかして正当化している。
自分のできない部分を見せつけられて、それを否定することで自分を擁護する。
だから、皆んな肩書が欲しいんだ。” 〇〇推薦・△△ ”です。
これが、今までの選挙戦。もう、うんざり。


組織票も知名度もない。
でも、300万円払っても何かをしたい。

人の弱さを知っているからこそ、彼のような存在は必要なんだ。
西本誠は、政治家にならないくても世の中を変えられる人だと思う。
人間力のレベルは、間違いなく高いと思った。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP