幽霊を見たことありますか?

突然ですが、幽霊を見てしまいました。

” あれ、絶対幽霊やろ!” と思う出来事が何度かありました。
幽霊を見ただけで特別変わったことが起きたわけでもないのですが、
やっぱり、背筋が凍る体験だったと思います。

今から話す話は、10年以上も前のことです。

梅雨の最中でジメジメしている日でした。
当時、私は医療事務のセミナーを受けるため、千葉県の某ビルに週3回ほど通っていました。
パッとしない天気と遊び半分でくる受講者にうんざり気味で、講義が終わると早々会場を抜け出すことが多くなりました。

その日も一番に部屋を出て、1階に向かうエレベーターを待っていました。
外は雨が小ぶりになり、階段から湿度の高い生暖かい空気が登ってきます。

駅近の立地条件に反して、古くて暗い印象の建物でした。
外観は六角形で 外壁は薄汚れたピンクがかった奇妙な色でした。
作りが六角形のせいか、建物内部の部屋はイビツで
角々しく、居心地の悪さ助長させます。
また、ビルは同じ作りの棟が横並びにふたつあり、互いに日光を遮断しあっているようでした。

気持ち悪さを感じながら到着したエレベーターに乗り込みました。
扉にはガラス窓がついている定員数6.7人程の小さなエレベーターです。
操作ボタンの上にはモニターがついていて、庫内の様子を映し出しています。
乗っているのは私ひとり。
迷わず1階のボタンを押し、扉のガラス窓の外に視線を向けます。
すぐにエレベーターは、ゆっくりと下降しはじめした。

「えっ!何?」
瞬間的に背中がゾックとしました。

動き始めた庫内のモニター画面に細身の女性が写っているんです。
少しうつむき加減で花柄のワンピースを着た若い女性が立っていたんです。
即座にその女性を確認しようと体を右にひねりました。

「ええっ!いない」

そう、いるはずは無いんです。
このエレベーターは空のまま11階に着き、私ひとりだけが乗り込んだのですから・・・。

それでも、モニターには足の先までハッキリ見える彼女の姿がありました。

到着階で扉が開くや否や寒気を感じたまま即座にビルを出ました。
外は、やっぱり暗い雲が立ち込めていました。
頭の中を整理しようとしても何をどうしていいのか分かりませんでした。
狐につままれたとは、こういうことなんだろうか?

次の日、同じクラスの人に昨日の出来事を話してみました。

「ああ、このビルってね。立つ前はお墓だったらしいよ。
お墓を別の場所に移してこのビル立てたんだって・・・。
(幽霊)でてもおかしくないはずだよ。」

「えええっ!」

去年、このビルの前を通ったのですが建物はありませんでした。
解体されたのか、はじめから無かったのかは分かりません。

見えないもの正体って、なに?

なんでも幽霊の正体は、幽霊波と呼ばれるエネルギー体らしいのです。
本気で科学者が、科学の視点で解明しようと研究されています。

私自身は、物理学はスピリチュアルの後付だと考えていて、
目に見えないことを解明するのが量子力学だと思っています。

謎解きをしたい願望が科学を発展させるんだとも思います。
ノーベル賞受賞者ですら幽霊を捕まえようと研究しているくらいですから・・・

量子力学では、素粒子は普段波の状態であり、人が意識を向けた途端粒になります。

粒とは物質を構成する最小の単位の素粒子が集まったもので、粒の集合が全ての形あるものを作っています。
あなたが座っているその椅子も素粒子の集まりができています。

人も木や草や花・動物・昆虫・魚介類・鉱物、あの世の人々だって素粒子からなるエネルギーです。

私たちは、生きている人や物などは見えて当然と思っています。
潜在意識は、あることが前提とし認識します。
認識するから形が見えます。
対象物に意識を持つことで波から粒になり、粒が集まって人や動物・物などに形作っています。

しかし、幽霊は普通の人には見えるわけがないと思っていたりします。
幽霊の周波数は低いため、形をつくることができないのかも知れません。

エネルギーは、見える以外にも感じることもできます。
たとえば、風は目に見えません。でも 感じることはできます。
幽霊も見えなくても感じることができる人もいますよ。
また、形がないものとして光や音もエネルギーです。
そして、感情もエネルギーです。

では、なぜ幽霊を見てしまったのか?

正直分かりません。

周波数(エネルギー)が同調したのだと思います。
類は友を呼ぶのが周波数です。

私自身の周波数が、おそらく低くなっていたと考えられます。
嫌な会場・雰囲気の悪い講師・やる気のない受講生など気分は最悪です。
ストレスを抱えながら、心の中は波動が低い状態が続いていました。
そんな私の周波数が、幽霊の周波数とピッタリあってしまったんだと思います。

実は周波数が共鳴(同調)するのは見えないものとだけではありません。

楽しくおしゃべりをしているときに、ひとり機嫌の悪人が加わっただけで周りの皆んなが嫌な気分になった経験があると思います。
反対にワールドカップなどで日本選手が勝ったときなど、一緒になって喜んだりしたことありますよね。

これはエネルギーが共鳴しているからです。
人に限らず、全てのモノはエネルギーでできている証拠でもあります。

専門的に量子力学を学ぼうと思えば、難しすぎて?の嵐です。
しかし、エネルギーとして視点を変えることで悩みを解消し、なりたい自分になる糸口がつかめるようになります。
これが、引き寄せの法則の種明かしになります。

下の動画は、メトロノームの共鳴です。
まるでメトロノームが感情を伴っているようなの動きをするのがおもしろいですよ。


PAGE TOP