宇宙に丸投げしてみよう!

神頼みもいいんじゃない!

全ては波動(エネルギー)でできている。
気持ちにもバイブレーションがあって山もあれば谷もある。

私の場合、谷の部分が非常に険しいものだから落ちるときは半端じゃない。
その時、何をするかというと・・・
ひたすら谷に落ちてみる。

谷底に行く着くまで 
「ああでもない、こうでもない」
と上手くいかない自分を分析し始める。
落ちながら、自分の内側に入ってみるのだ。

原因の大半は、お金や家族のことだ。

昨年、旦那が定年退職してからお給料が大きく減った。
定年を迎えたお宅は口を揃えてこう言う。
「お給料が大幅に減ったから切り詰めないと」
ウチもご多分に漏れずである。

すっかり受け身になった自分を認めるしかない。

意識の中のもうひとりの私が、
黄色信号から赤に変わろうとしているのが分かる。

「なんでも叶うはずなのに」

思考でなんとかしようとしているうちは上手くいかない。
私の思考は出口が見つからないまま四苦八苦している。
思考は現実化するというのを身をもって体験している。


そうやっているうちに谷底に着いてしまう。

どうしようもないなら宇宙におまかせ

実は、谷底に着いたらこっちのもので
「もう、イヤ!
 こんなはずはない、あとは宇宙さんお願いします」
と宇宙に丸投げしてしまえる。

「じゃあ、最初から丸投げしたらいいじゃん」
と思うのだが、思考が邪魔をしてそれができない。

こんな調子で今日も丸投げまで漕ぎ着けた。
このブログのタイトルは、こうして生まれた。

何度も宇宙に丸投げして谷底から這い上がることに成功している。
以前より立ち直るのも早くなっている。
問題解決も容易になった。
少しは学習できているんじゃないかとも思う。

今回は、お金がテーマだった。
受け身になって、したいことより数字を気にする自分がいる。
もともと、数字はめっぽう弱い方なのに計算するから気がおかしくなる。

「お寿司が食べたいなぁ~」

「でも、辞めとこう!」

「冷蔵庫にあった鮭を食べないと悪くなっちゃうし・・・」
そして、言い訳をする自分に落ち込む。
自分でマイナスの感情を上乗せして墓穴を掘ってる。

こんな脳内会話を繰り返しながら谷底へ落ちていく。
おそらく、誰しも同じような経験はあるだろう。

人は本当にどうにかしたいと心の底から思うとき神頼みをする。
宗教を持たない日本人でも神頼みをしたことがない人はいないだろう。

特別な儀式も呪文もなにもいらない。
ただ、「宇宙になんとかして!」でもいい。

私の場合は、
「宇宙さん、何でもいいから良いようにして!」
と頼む。

具体的にきちんとオーダーしないと夢は叶わない。
とする書籍が多いが、良いようには良いようにしかならない。
宇宙の答えは、自分の頭で考えてるよりずっとたくさんあるはずなんだ。
だから、お願いの仕方はアバウトでいいと思っている。
オーダー方法に縛られて本題からそれるよりいい。

なにより、宇宙にオーダーすることの一番のメリットは責任転嫁できることなのだ。

収入を得るために、宝くじを買う必要もバイトを増やす必要もない。
方法を考えなくてもいいんだからとってもラク。

何度か宇宙へのお願いで臨時収入も得ている。

独身だった叔母の保険金を受け取ったこともある。
税金が戻ってきたり、臨時収入が入ったりもある。
他にも現金ではないが必要な物をもらったりしたこともあった。

コツは、自分の力を放棄することかも!

宇宙は、何でもお見通しだからね。
宇宙は、懐が広いんだよ。
だから、
「ありがとうございます。あとはお願いします」
で大丈夫。

宇宙・神様・大いなるものなど、自分がしっくりする言い方でOK。

では、今日はここまで

関連記事

PAGE TOP