年収1000万円以上の人は5%

年収1000万円以上の人は、
全体のわずか5%です。

そのうち、世界で最も裕福な26人が、
世界の人口のうち所得の低い半数に当たる38億人の総資産と同じだというのです。

見えないものをスルーしてはダメ

世の中5%の法則は身近なところでもたくさん見られます。

例えば、人が意識している割合は5%です。

顕在意識と呼ばれている意識の割合がそれです。
残りの95%は無意識(潜在意識)。
人が意識をしない領域にあたります。

また、科学の分野では、
見える割合が全体の5%に過ぎません。
光が反射して私たちの目の光線として入ってくる物質のことです。

残りの23%がダークマター(暗黒物質)
73%がダークエネルギー(暗黒エネルギー)です。

暗黒なんていうと怪しげですが、
ダークマター(暗黒物質)は空気や紫外線などです。
あることは分かっているけれど光に反射しないため見えない。
あることだけは分かっているけれど、それが何が分らないものです。


すべての物質は質量があるから引力に引っ張られるんですって、
見えはしないけれど星などの惑星が引き寄せられることは分かっている。
つまり、解明できていないが存在だけはあると分かる。
って、ことです。
これが、73%にあたるダークエネルギー(暗黒エネルギー) です。
ブラックホールなどはダークマターにあたるようです。

目に見えないものが95%もあるのは事実なのに
人は見えるものばかりを信じて疑わない。

見えないものほど真実が隠れているのに・・・・

見えない存在を知る

私たちの人生を大きく左右するのは感情です。

そう、感情も見えない存在です。

「年収1000万円欲しい」と思うのは、
お金が十分にある安心や自由が欲しい思いです。

思いも感情です。

お金のマジック

お給料は銀行振込が大半ですし、
決まった期日にお給料という形で銀行に振り込みをされます。

そして、引き落としといった形で支払いがされるのです。
通帳に記帳されたものはダークマターと同じ。
目に見えない現金に感情を支配されているみたいです。

まさに暗黒です。

一見、お金を欲しがっているように思えることですが、
私たちは、単なる数字のマジックに踊らされているようにも思います。

前回のお金を引き寄せたいなら無意識を意識するにも書きましたが、
お金は空気と同じエネルギーです。

ダークマターが、物質化されたものがお札やコインだったりします。

この物質に感情が加わり意味付けされます。

人によっては、お金はすばらしいものですし、
誰かにとっては、お金は汚いものだったりします。

この感情が、お金を物質化するときの時間に影響を与えます。

「お金はなかなか手に入れにくい」
「簡単には手に入らない」
と思っていると暗黒物質のまま現実には現れにくくなります。


重いエネルギーは引っ張る力が強いので目には見えるようになりません。
なので、この重いエネルギーを軽くしないとダメなんです。

潜在意識(人の無意識の95%)を軽いエネルギーに変えない限りは苦悩し続けます。

エネルギーを軽くする方法は二つあると思っています。

一つは、自分で潜在意識を書き換える方法。
二つ目は、他人に書き換えてもらう方法

他人に書き換えてもらうには、
潜在意識にあるブロックを書き換えてもらうことです。
ヒプノセラピーやレイキヒーリングなど多種多様です。

ただし、潜在意識の思い込みやブロックは無数にあります。
なので、並行して自分で書き換える方法を知ることも必要だと思います。

どちらにせよ、大切なことは、
見えない存在があることを理解することです。

見えない世界は95%あります。
見えないだけであるということだけは理解する必要があるということです。

かわいい子犬を見た時の感情は見えません。
星空がキレイと言う感情も見えません。

けれど、そこには気持ちが感じられることは分かるでしょう。

見えない世界を探究するのが科学です。

これからは、
一人ひとりが自分の科学を探究することが幸せにつながります。

では、今日はここまで


関連記事

PAGE TOP