カムイの魂

見えない世界に妙に心惹かれるのは、なぜだろう?

幽霊を見てしまった話を以前に書かせていただきましたが、
こういった怖い体験も見えない世界にはなるのですよね。

今日は、怖い話とはちょっと違います。
もっと、ホンワカする見えない話です。

日本には、八百万の神さまがいます。

自然の中にもたくさんの神様がいて、
感謝できる喜びを知る機会を与えてくれます。

私の育った北海道の先住民はアイヌです。

アイヌの人たちは、自然や動物を神としていました。
また、道具や衣服などにも神の魂が宿っていると考えました。

アイヌの神様は、カムイと呼ばれ、
カムイの魂はいたるところに宿っていました。

北海道に生息するヒグマは、キムンカムイ
海の生き物のシャチは、レプンカムイといいます。

どちらもカムイがついているでしょ!

直訳すると山の神・海の神だそうです。

こうした生き物にも神の魂が宿っているため
アイヌのお祭りのイオマンテでは、
熊の亡骸に装飾をし、食べ物やお酒を振る舞います。
そして、たくさんのお土産をもたせて神の国に魂を送るそうです。

アイヌの文化は、感謝とともにあるのです。

こうした感謝の気持ちがあれば、
食品ロスなど問題も防げるのかもしれませんね。

小学生のころ、こんな話を聞きました。

摩周湖は有名です。

透明度が高く、山に囲まれたカルデラ湖です。
そのため、湖には人を近づけない神秘さがあります。

この摩周湖の真ん中にカムイッシュと呼ばれる中島があります。

このカムイッシュは、
アイヌの人が亡くなると船で島まで行き、
そこから亡骸を湖に返したと

摩周湖は、アイヌ語でキンタン・カムイ・トー
山の神の湖という意味があります。

ワンネス。
私たちはすべてであり、愛。

その言葉を思い出してしまいました。

神は、私たちの外にいるのではありません。
わたしたち自身です。

すべてに感謝をするアイヌの人たちは、
自分も外もとても大切に思っていたことが分かります。

見えない世界は、感謝の対象でもあるんです。

暮らしや文化は、人々と日常から生まれ、
ともに共存する生き方は素敵だと思いました。

では、今日はここまで


関連記事

PAGE TOP